〔マイナス196℃ 液体窒素対応温度ロガー〕

細胞輸送などに使われる凍結試料搬送容器「ドライシッパー」に取り付け可能な、外部プローブ対応の温度ロガーシリーズです。
ドライアイス環境下でも使用することが可能で、臨床試験においても、マイナス80℃以下やマイナス20℃以下などで採用されます。

LIBERO CE

LIBERO CE 仕様

英語版カタログ:LIBERO CE 英語版フライヤー:LIBERO CE サンプルPDFレポート:LIBERO CE
メモリ容量

データ容量:75,500ポイント
ログ期間(設定例):
◆ 17ヶ月(10分間隔計測時)

ログ設定間隔

1分~60分で設定可能

データ管理

PDFレポート内にRAWデータ付属

証明書関係

標準仕様:Validation Certificate
(検査証明書 付属)

ユーザー仕様:Calibration Certificate
(ユーザー指定ポイントでに校正証明書発行可能)

外部センサー

マイナス196℃対応 日本国内製温度センサー
M8コネクター仕様
■ 1.0 m
■ 1.5 mm
■ 2.0 mm  より選択可能。

各種ドライシッパーへの接続には、
従来通りオールステンレス仕様のセンサーの取付も可能。